スポンサーリンク

【東京都日野市】紀の國屋『マスカルポーネどら焼 いちご』を食べた感想!原材料・賞味期限についても紹介!

スポンサーリンク

東京都日野市に本店がある和洋菓子店、紀の國屋。こちらのお店で販売されているどら焼きのひとつが『マスカルポーネどら焼き(いちご)』。

1個の値段は税込200円。※2019年5月現在

この記事では、紀の國屋『マスカルポーネどら焼き(いちご)』を実際に食べてみた私の感想。また、原材料・賞味期限についてご紹介ています。

食べてみた私の感想

日野市紀の國屋「マスカルポーネどら焼きいちご」袋表

 

日野市紀の國屋「マスカルポーネどら焼きいちご」袋裏

 

日野市紀の國屋「マスカルポーネどら焼きいちご」袋上面

 

日野市紀の國屋「マスカルポーネどら焼きいちご」袋上面2

 

日野市紀の國屋「マスカルポーネどら焼きいちご」横面

 

日野市紀の國屋「マスカルポーネどら焼きいちご」断面

 

日野市紀の國屋「マスカルポーネどら焼きいちご」断面アップ

食べてみた感想ですが。

イチゴジャム入りマスカルポーネは、いちごの香りとやさしい甘みを感じます。どら焼きの皮には黒糖が使用されていますが、イチゴジャム入りマスカルポーネと黒糖の甘さがとても合っています。

原材料を見ると、もっとも多く使用されているのが砂糖になっていますが、甘過ぎることはありません。

原材料・栄養成分(カロリーなど)について

『マスカルポーネどら焼 いちご』の原材料は、以下のようになっています。

砂糖、鶏卵、小麦粉、マスカルポーネ(生乳、乳酸)、いちごジャム、黒糖、水飴、植物油脂、はちみつ、デキストリン、洋酒、膨張剤、ソルビトール、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、乳化剤、香料、カロチン色素(原材料の一部に小麦、卵、乳製品、大豆を含む)

栄養成分については、記載されていません。

気になる人は、小豆を使用した『マスカルポーネどら焼』のカロリー・糖質を目安にしてみてください。(原材料は、多少異なります。)

賞味期限・保存方法について

『マスカルポーネどら焼 いちご』の賞味期限は、およそ1週間では?と考えられます。

記載されていた賞味期限は、【5月17日】でした。

購入した日が5月11日なので、少なくとも1週間程度は日持ちすると思います。

ただし、『マスカルポーネどら焼 いちご』の保存方法は冷蔵保存(10℃以下)が必要なこと。また開封後は賞味期限に限らず、早めに食べるように注意しましょう。

紀の國屋で購入できるその他のどら焼き

紀の國屋では、マスカルポーネどら焼は3種類あります。今回ご紹介した「いちご」の他、「ブルーベリー」と「小豆」を使用した2種類。

また、沖縄産黒糖と北海道産の大粒小豆を使用した「多摩まどか」も販売されています。

以下の記事では、紀の國屋のどら焼きを食べた感想をご紹介しています。合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク